表層改良工事
表層改良工法とは、軟弱な地盤の土をセメント系固化材と混合攪拌し、固化させることで、地盤の耐力を増し、不同沈下を防ぐ工法です。
なお、この地盤改良工法は、地表面から約2m程度が限界です。
表層部1〜2mくらいの土とセメント系固化材を重機を使用し、攪拌するため、改良状況を目で見て確認することができるとともに、
状況に応じて柔軟が施工を行うことができます。
専用の施工機が不要なため、現場の規模に関わらず工事を行うことができます。
小口径鋼管杭を使用し、支持層まで回転貫入し支持力を得る方法で、住宅の荷重を杭を介して強固な地盤に伝えることにより、
支持力確保及び沈下の抑制を図る工法です。
軟弱地盤層が厚く、また柱状改良工法では改良不可能な深さに強固な地盤がある場合に、この工法が用いられます。
施工は無振動・無騒音です。
表層改良や柱状改良では対応できない深層地盤の改良を行う事が可能です。
当社では管理装置付きの施工機械を使用しております。
地盤改良工事
湿式柱状改良工事
湿式柱状改良工法とは、共回り防止翼の付いた特殊な掘削翼で土中を掘削し、先端から噴射するセメントミルクと掘削土を
混合・撹拌して地中にφ500o〜φ800o程の柱状改良体を作る工法です。
また、当社では配合ムラの無いセメントミルクを練るためコンピュータ制御の全自動プラントを使用し、 これをグラウポトンプに
よって流量操作しながら安定圧送します。
これにより作られた均一な品質の柱状改良体は表面積が大きく、先端支持力以外にも周辺地盤との摩擦力によって大きな
支持力を得ることが出来ます。
この摩擦力によって、柱状体の先端部が硬い地盤(支持層)に到達していなくても、 中間層で建物荷重を支えることが出来ます。
当社では管理装置付きの施工機械を使用しております。

Copyright (c) 2012 Geo Works All Rights Reserved.

トップページ / 会社概要 / 地盤調査・地盤保証 / 地盤改良工事 / 沈下修正工事 / 採用情報・お問合せ
採用情報・お問合せ
小口径鋼管打設工事